コンタクト洗浄液関連情報

コンタクトレンズ洗浄液の通販サイト比較コンタクトレンズの購入や目の乾燥で悩んでいる方へ

最終更新日:2017/12/20

コンタクトレンズの購入や目の乾燥で悩んでいる方へ

コンタクトレンズ選びの基本

コンタクトレンズを購入する時にどうしても迷いがちなのが選び方です。種類も多く、生産しているメーカーもいくつか存在しています。目に装着するものなので自分に合うタイプを見つけるのがポイントですが、いざ選ぶときによくわからないと頭を抱えている方のためにもまずはコンタクトレンズを選ぶときの基本について述べます。

まず選ぶときに考えたいのが何日着用できるタイプを選びたいかです。大きく分けると1日使い捨てタイプ、2週間、1ヶ月、1年と色々なタイプがあるので、どれが自分に合っているかを選ぶのが重要です。例えば手入れが面倒でいつもきれいに洗うことができない人は一日使い捨てタイプを選んだ方が衛生面からしても清潔に使うことができるので他のタイプよりも1日使い捨てタイプを選んだ方がいいです。逆にしっかりと手入れをすることができ、なるべく安さを重視して選びたいなら1年で交換するタイプを選ぶといいでしょう。1年で交換するタイプは初期投資が数万円と高く感じますが、1年と考えるとどのコンタクトレンズよりも安く済むので安く購入したい方は選んだ方がいいと言われています。このように装着日数はそれぞれ異なるので、慎重に考えた方がいいポイントです。

続いて選ぶときに考えたいこととしては着けやすさです。例えば着けやすさの中でも装着に時間がかかるという悩みを抱えている方も多いですが、悩みを解決する方法としてはコンタクトレンズの選び方が重要です。実際に人それぞれ異なりますが、なかなか装着することができない方はレンズが薄いタイプを使用している可能性が高いです。レンズは厚みが異なり、できる限り厚みがある方が着けやすさが改善します。従来は2週間タイプに厚さがあるものが多かったのですが、今では1日使い捨てタイプでも厚さがあるレンズが購入できるので、着けやすさをこだわるなら厚さのあるタイプの購入を考えるといいです。

しかし、厚さがあればいいというわけではなく、着け心地も大切です。目がごろごろするとか、異物感があるという場合は不快感が出てしまうので、こういった方はあまり厚さのあるものではなく、薄さを重視することが大切です。人によって厚さがある方か、薄さを重視したいかは異なるので、どちらが自分に合うかは眼科などで試着をして決めるのが一番いい方法です。このように、選ぶときの基本について述べましたが、最低限頭に入れておきたいことなので、選ぶときは購入後に失敗しないためにも前もって調べておくといいです。

目の乾燥で悩んでいる方へ

コンタクトレンズの選び方は先ほど紹介した選び方の基本をチェックしておくと簡単に選ぶことができますが、説明した内容以外にも目の乾燥で悩んでいる方も世の中には多くいます。特にコンタクトレンズを着用した時に乾燥が気になるという方は多いですが、解決する方法について知りたい方に向けて、ここではどんな方法があるのかについて具体的に紹介します。

まず目の乾燥ですが、これはコンタクトレンズの中でも一番の弱点です。実際に自分に合わないタイプを選んでしまうと目が乾燥して仕方がないと1時間も装着できない方もいます。人によって目の乾燥の度合いは異なりますが、対策をする方法としては含水率をチェックすることです。そもそも含水率とは、簡単に言うとどれだけレンズが水を含んでいるかです。

数値が高ければ高いほど多く水分を含んでいることになりますが、ここで勘違いしがちなのが、含水率が高い方が乾燥をしないと思っている方がいることです。基本的に含水率が高いレンズほど水分が蒸発し目が乾きやすくなってしまいます。その為、乾燥防止には含水率が低いコンタクトレンズを選ぶのが基本です。目の乾燥についてここでは中心的に紹介しましたが、悩んでいる方も多いので、その中でも選び方で悩んでいるならこの記事で説明したことを参考にすると改善する可能性が高くなるでしょう。

コンタクトレンズを使用する際の注意点

コンタクトレンズは目に装着する医療機器なので正しい方法で使わなければなりません。しかし、中には間違った方法で取り扱っている人もいるので、ここでは正しい使い方について話します。まず守りたいのが装着時間です。人によって異なる装着時間ですが、中には夜まで着けたり、寝る時もつけたりする人がいますが、装着時間が長いと目に大きな負担をかけてしまいます。休ませることが大切なので夜には外すように心掛けましょう。

また、正しいケアを心掛けることも重要です。例えばソフトコンタクトレンズを洗う時に水道水を使用したりする方もいますが、専用のケア用品を使用しないと目が痛くなります。目の負担が大きくなるので、専用のケア用品を使用して手入れをすることが大切です。このように、装着時間とケアは正しく行わないと目にとってあまり良くないので、注意点は守って着用するようにしましょう。

一覧はこちら

コンタクト洗浄液ランキング

TOP