コンタクト洗浄液関連情報

コンタクトレンズ洗浄液の通販サイト比較コンタクトレンズのこすり洗いはNG?

最終更新日:2017/12/20

コンタクトレンズのこすり洗いはNG?

指先

コンタクトレンズをケアする正しい手順というものがあります。その中の1つに「コンタクトレンズのこすり洗い」という手順が存在します。しかし、昨今、このこすり洗いはやってはいけない愚行だという声が散見しますが、本当のところはどうなのでしょうか?気になるところかと思うため、ここで解説をしていきたいと思います。
■こすり洗いは「しなければならないケア」
結論から言うと、こすり洗いはしなければならないケアになります。コンタクトレンズを販売しているメーカーを始め、様々なところで「こすり洗いをしなければならない」という説明がなされています。では、こすり洗いをしてはいけないという論調が出てきたのか?その理由は単純で、コンタクトレンズを傷付けてしまう可能性があるからです。この理由は真であり、全く嘘をついているわけではありません。実際に、このような恐れはあるため「こすり洗いはNG」という論調があっても何ら不思議ではありません。ただし、これは間違った洗い方をしたときの話です。
■専用のコンタクトケア用品を利用すること
では、どのような洗い方をすればよいのか?ですが、単純に市販されているコンタクトケア用品を利用することです。中には、目薬でこすり洗いをしたり、真水でこすり洗いをしたりする人がいますが、これでは傷を付けてしまう可能性が出てきます。もちろんすすぐぐらいであれば問題はないかもしれませんが。ともあれ、正しいケアの方法は、こすり洗い専用のコンタクトケア用品を使うことです。
■清潔な手でケアしなければ全く意味がない
当たり前のこと過ぎて、意外と蔑ろにされてしまうのが、手洗いをせずにこすり洗いをしてしまうというもの。手に付着したゴミがあれば、これが傷を付けてしまう要因になることは火を見るよりも明らかです。また、いくら清潔な手であっても「ガシガシ」と洗ってしまうのもご法度です。デリケートなアイテムなので、優しくこすることが大切になってきます。
■こすり洗いをサボるとどうなるのか?
もしこすり洗いをしなかったらどうなるのか?も気になるところかと思います。一言で言えば、不衛生な状態で装着することになるということになります。そもそもこすり洗いは、コンタクトレンズに付着した細菌などを洗い流すための作業になります。つまりこすらないと除去できない細菌が存在するということもできるわけです。これに対処するために、こすって綺麗にしていく必要があるのです。面倒かもしれませんが、目を守るためにもしっかりと行っていきましょう。

一覧はこちら

コンタクト洗浄液ランキング

TOP